転職支援とは

転職専門サイトを利用することで得られるメリットをご紹介

転職サイトの一番の特徴

転職応援ナビ

転職サイトを使おうとしたとき、特に、新卒サイトを使った経験のある人はとまどってしまうかもしれませんね。驚くほど構造の違うサイトなのです。ここでは、転職サイトと新卒サイトとの違いについて簡単に説明します。

たとえば、新卒サイトなら何ヶ月も、ほぼ同じ募集情報がサイト上に掲載されています。変化があるとしたら会社説明会の日程情報くらいです。しかし、転職サイトの場合は、いろいろな企業の募集情報が載っては消え、載っては消えという感じでサイト更新の頻度が非常に早いです。

分かりやすく極端な言い方をすると、毎日変わるというより、一日の中で数回更新されていると言った方がいいでしょう。募集を出す企業は、掲載期間を選べるようになっていますが、掲載1週間後には既に決まってしまったというケースは少なくありません。

もうお分かりだと思いますが、転職サイトの場合、先週見た求人情報が良かったなと思って、今週探そうと思っても、すでに消えているということも良くあります。そもそも、中途採用というものは、採用活動も入社時期も、企業によってまちまちです。

大きな企業では、年に数度の中途採用を行うこともあります。特に、勢いがあり、業績を大きく伸ばしている企業ほど、そういく傾向にあります。中途採用の場合は、求人広告の掲載後、すぐにいい人が見つかって採用できたなら、その広告を出していること自体、意味がないので、即、掲載を終了してしまいます。

転職サイトに入りたいと思っている会社が掲載されているようなことは、かなりラッキーなことなのです。

あなたは自分ひとりで、転職を成功させることができますか?

  • 「今の会社は自分に合わない、収入も満足できない」
  • 「本当に向いている仕事、やりたい仕事を見つけたい」
  • 「仕事が忙しく、転職活動の時間が思うように取れない」

そんなとき、あなたはだれに相談しますか?そこで転職支援によるキャリアアドバイザーの登場ということになります。キャリアアドバイザーが最初に行うのは、あなたの人生をよりよく知るためのカウンセリングです。

キャリアアドバイザーは、あなたと一緒に、改めてあなたの経験・能力・価値観・興味などを見つめなおし、再確認することで、あなたの進むべき方向性(どんな仕事か?どんな会社・業界か?)を決めるお手伝いをします。

キャリアアドバイザーとのカウンセリングによって、漠然とし混沌とした考えや意識が、カウンセラーと話をすることで客観的になり、整理されていきます。

自己探究・自己分析といったことを重視し、必要に応じて適職診断テストを活用する場合もあります。優秀なキャリアアドバイザーは、あなたの年収が有利になるよう企業との交渉を進めてくれます。

ひとりで悩んでいるより、キャリアアドバイザーと一緒に、あなたの進むべき方向性(どんな仕事か?どんな会社・業界か?)を探してみるのはいかがでしょうか。

転職支援で自分のキャリアを再認識する

転職支援ではまずあなたのキャリアを「棚卸」するところからスタートします。あなたは多分、「俺のキャリアは俺が一番よく分かっている」と思っているのではないでしょうか?ではあなたは、今自分のキャリアの全てを分かり易く職務経歴書に作り上げる事が出来ますか?

これが結構難しくていざ職務経歴書を書き始めると、自分のキャリアをうまく書き出せない人が実に多いのです。一番多いのは職務経歴書に、「平成○○年 経理部会計二課に配属、平成××年 経理部会計二課主任」などという様に、ただ自分の経歴を年度を追って羅列しているだけの人です。これは「職務経歴」ではなくただの「職歴」ですから、この様な内容のものを職務経歴書と名付けて応募したのでは、まず書類選考ではねられるのは必至です。

相手が知りたいのは、その人が一体どの様な仕事が出来るのか、又、その仕事でどの様な実績を上げて来たのかと言う事ですから、この様な職歴を年度順に羅列されても、ではこの人は経理で記帳事務だけをしていたのか、それとも自分で財務諸表まで作れるのかはさっぱり分かりませんね。

これは「職務経歴書の書き方」というテクニックの問題ではなく、自分のキャリアが良く整理出来ていなくて、自分の売りがどこにあるのかが分かっていない人が陥る落し穴です。

転職支援ではこの様な人にもカウンセラーがいろいろお話や質問をしながらあなたのキャリアを全て棚卸して、その上でそれを上手に職務経歴書にまとめ上げるお手伝いをします。

今の生活スタイルで家族を大切にできますか?

仕事が終わりやっと帰宅しても、子どもはすでに布団の中。休日も思い通りに取れない…家族と一緒に過ごす時間が取れない…この状態を続けていて、家族を大切にできますか?

子供との楽しい思い出をつくれますか?こんな不満を感じていても、ほとんどの人はなかなか行動に移せません。その理由は…「転職活動はとにかく時間がかかる」ということからです。くたくたになって帰宅して、自分の希望に合う会社をピックアップ。

やっとのことで履歴書を作成して、送ってみたら「今回はご縁がなかったということで…」こちらから応募する形の転職活動って、ものすごく無駄な時間が多いんです。

そんな時、自分の希望する勤務時間や収入にマッチした企業からオファーが来たらどうでしょう?このように、今の仕事を続けながら希望通りの仕事に転職できるシステムとは…転職サイト特有のメリットである、スカウトというシステムがあるのをご存知でしょうか?そうです。スカウトとは、相手から必要とされる人に声を掛けるスカウトのことです。

このシステムを、今の仕事を続けながらできるのです。しかも、自分の名前や勤務先がバレてしまう心配は一切ありません。これが、最近よく耳にする「スカウトを待つ」というシステムです。手続きはとっても簡単です。インターネットの転職サイトを利用するので、

  • 好きな時間に応募できる
  • 一度会員登録することで、複数の企業に応募しても手続きが簡単
  • いろいろな会社に出会うチャンスが広がる

この「スカウトを待つ」というシステムを利用し、転職成功者が数多く誕生しているということをご存知ですか?悩んでいるのでしたら、まずは自分の希望内容で登録することをオススメします。

あとはメールを待つだけです。もちろん、自分が気に入った企業とだけコンタクトを取ればいいのです。

水精器グループでの導入事例

イオン水でアセトアルデヒド・口臭原因物質の除去、歯周病対策ができイオン水は安心・安全で飲食店厨房で大活躍。

ノロウィルスやカンピロバクターなどもイオン水除菌でシャットアウト!ご家庭でもウォーターサーバーの導入実績が増えています。

おすすめ転職サイトランキング

リクルートエージェント

どんなサイト?

転職を考えている方、現在転職活動中の方。 どのように転職活動を行えば良いかご存知ですか? あなた自身、どの程度の能力があるかご存知ですか? そんな基本的な所から、徹底的に転職希望者の方に尽くしてくれる、リクルートエージェントの転職支援サービス。

おすすめ度

★★★★★

登録企業数

★★★★★

リクルートエージェント

パソナキャリア

どんなサイト?

転職を検討中または、転職活動中の方は、皆さんご存知かと思います。 転職のプロによる、徹底した転職支援。 転職の際は、ぜひパソナキャリアを利用してみてください。 きっと、あなたの力強い味方になってくれるでしょう。

おすすめ度

★★★★★

登録企業数

★★★★★

パソナキャリア

@type

どんなサイト?

アットタイプでは、転職希望者の市場価値を、今まで培ってきた経験、キャリア、スキル等を総合的に判断して、あなたの市場価値を評価してくれます。 また、それに応じて最大2人の選任のアドバイザーが、あなた自身の転職相談にのってくれるのです。

おすすめ度

★★★★★

登録企業数

★★★★☆

@type

DODA

どんなサイト?

最近では、非常に多くの転職支援を行う企業が増えています。 しかし、中にはきちんとした対応をしてくれない、希望している企業が見つからない。 そんな企業もあるのは事実です。 テレビCMでも有名なDODAは評判も良く、皆さんの転職活動の力となってくれるでしょう。

おすすめ度

★★★★☆

登録企業数

★★★★☆

公式サイト:DODA

失敗しない転職先選び

転職活動を成功させるために必要な心構え。

退職願いの決意は前向きか

転職応援ナビ

あなたの退職は、例えば新しい職場や仕事にチャレンジしたいというような前向きの決意でしょうか?

退職をした理由が「上司との折り合いが悪い」「人間関係が悪い」「同僚より考課が低い」「賞与の査定が低い」「同期より昇進が遅れている」などの場合は、後ろ向きの理由、またはネガティブな理由といいます。

このようなネガティブな理由で退職をする人は結構多いのですが、転職サイトなどのベテランカウンセラーは、ネガティブな理由で転職しようとする人には、その転職をとりあえず、思い止まるように説得すると言います。

なぜならば、退職をした理由がネガティブな人は、例え転職先を紹介しても面接で人事担当者に悪い印象を与え、面接に失敗する可能性が高いからです。

また仮に転職に成功したとしても、転職先でもすぐに同じ不満を持ち、結果は転職を繰返す事になって、結局はその人が不幸になることを、転職サイトのベテランカウンセラーは自分の経験から良く知っているからです。

だって考えてみれば、新しい職場だって嫌な上司や同僚が居るかもしれないでしょう?努力しない限り昇進や昇格が遅れる事だってどこの職場でもある事でしょう?転職しようと思った時は、あなたの退職をした理由をもう一度よく考えてみましょう。

そしてもし退職をした理由が、上の例のようなネガティブな理由ならば転職は思い止まって、今の職場での移動や転勤などを考えてみるのが良いのではないでしょうか。

退職に迷いはありませんか

あなたの退職に迷いはありませんか?もしあなたの退職に少しでも迷いが残っているのなら、あなたは転職を思い止まってもうしばらく今の職場で頑張った方が良いと思います。

あなたが転職しようと思った場合、まずは転職希望先の面接を受ける事になりますが、その場合相手が知りたいのはあなたがどれだけの決意を持って、新しい職場での仕事に取組んでくれるかということです。

あなたが退職に迷いを持っていると、その迷いの気持ちは必ず面接時のあなたの受け答えの中に現れ、ベテランの人事担当者ならそれを見破ります。その結果あなたのやる気が疑われて、面接の結果は不採用という事になり兼ねません。

また、仮に面接はうまく潜り抜けて採用になったとしても、新しい職場というのは長年親しんできた今までの職場と違って、全く知らなかった人達の中で新参者として仕事をするのですから、決して暖かく迎えられるとは限りません。

その場合、退職に迷いが残ったまま転職すると、せっかく転職した新しい職場にすぐに不満を持つことにもなります。そうやって次から次へと短期間で転職を繰返すと、転職するたびにだんだん条件が悪くなって、転職によってステップアップするどころか、転職するたびにステップダウンすることにもなってしまいます。

退職に迷いが残っている場合は、しばらく様子を見てから転職しても決して遅くはありません。「急がばまわれ」です。

わたしが転職のお手伝いをします

自分に最も適した仕事にめぐり合えるということは非常に難しいことでもあります。 しかし、今まで気がつかなかった自分の能力が発見できたら…?当サイトでは適職診断の活用により、あなたに最も適した仕事探しができるノウハウを提供し、あなたの転職大成功をバックアップしていきます。

「自分に最も適した職種は何かお分かりですか?」 と、問われても、はっきりと答えられる方は少ないのではないかと思います。とえばこんな人は?自分はお店に行くと、なにかと頭に来ることが多く、ついつい文句を言ってしまう。今風の言葉で言うと「クレーマー」と言われても仕方ない。もちろん、接客業なんていうのは全く向いていない…。果たしてそうでしょうか?

私はそうは思いません。むしろ向いているのではないかと思います。ほんの小さなことでも頭にくるという事は、細かなところまで気が付くということです。

逆を言えば、何をしたらクレームにつながるかが分かっている人ですから、接客業の教育にはもってこいの人材なのです。こういった人は、何をすれば喜ばれるかということにも非常に敏感です。

従って、CS(顧客満足)・ES(従業員満足)を向上させる業務にもピッタリの人材です。常に高い満足度を求めている人こそ、接客業に向いている人材だと思います。

たとえばこんな人は?

キレイ好きで整理整頓が得意だけど、人と接する仕事はどうも苦手。何の仕事が向いているか分からないから、とりあえず人材派遣に登録してから考えよう。収入面で、生産の仕事のに魅力があるけど、工場の仕事では活躍できる自信がない…。やっぱり自分の得意なものを生かせるのは、店舗での商品陳列のような仕事かな?果たしてそうでしょうか?

今は、ISO取得も日常的になり、工場の生産過程でも細かなことが重要視されてきています。品質管理や品質保証などの業務も非常に重要になってきています。今まで以上に、工場内の生理整頓が出来るようになったらどうなるでしょう?

  • 「品質アップ」(良い状態のものを提供できる)
  • 「土地効率アップ」(無駄な場所がなくなり効率が良くなる)
  • 「過剰在庫の防止」(一目で在庫管理が出来るため、無理・無駄が省ける)

まだまだメリットはたくさんあると思います。また、整理整頓が上手な人は非常に段取りが良く、作業も早い方が多いです。なぜかというと、いかに掃除が楽に出来るか考えたり、必要に応じてレイアウトを変えたり、常に段取り良くキレイに出来ることを考えているからです。これを生産管理に生かせることが出来れば…?答えはおのずと出てきますね。

これらは利益へとつながることになりますので、 会社に対して充分に貢献できます。このように考えると、視野が広がりませんか?自分の性格・特技・楽しい事、他人からほめられる事、色々書き出してみるだけでもヒントになります。

当サイトでは適職診断を活用し、あなたに最適な仕事選びをお手伝いします。そして、満足のいく転職をバックアップいたします。

  • やりがいのある職場に近づけたら
  • 新しい仕事に夢を持ってほしい

という思いから当サイトを立ち上げました。当サイトの訪問者が、ひとりでも多く転職に成功し、喜びの声が聞けるのを心より楽しみにしています。

転職を決意したら

退職を決意してからの流れや注意点を解説。

退職を決意してからの流れや、注意点を解説。意外な落とし穴や、現在のお勤め先でのあり方をご紹介。あなたの転職・派遣が大成功できるように、適職診断や転職サイト・派遣サイトの活用方法をお伝えします。

すぐに転職先探し

あなたが退職を決意したら当然のことですが、すぐに転職先探しを始めましょう。

転職というのは、会社情報の収集から始まって、履歴書や職務経歴書の作成、送付、書類審査、面接、採用内定までいろいろな段階があって結構時間がかかります。

特に、転職先が大手企業などの場合は、面接だけでも人事担当者の面接、役員面接など複数あることも多いので、書類審査から内定までに数ヶ月かかるのも珍しくありません。

転職先探しは、まずネット上の転職サイトや求人情報誌、新聞の求人広告、ハローワークなどの公共機関など利用できるものは何でも利用します。ハローワークは失業中の人が行く所と思っている人が多いのですが、実際は在職中でも利用できます。

ただし、ハローワークで転職先を紹介してもらった場合、概ね1か月以内に転職先へ入社しなければいけないのがちょっと難点です。転職先探しで一番利用しやすく、お金も手間もかからないのは転職サイトの利用です。

転職サイトでは、単に求人情報の紹介だけでなく、転職希望者のカウンセリングや、履歴書や職務経歴書作りの指導まで、さまざまな転職に関するサービスを提供してくれます。

ですから、あなたが退職をした場合は、転職サイトをネットで検索して、転職先探しに大いに役立ててください。

職探しは在職中に

職探しは、転職サイトなどを利用して、できるだけ多くの情報を集め、短期間で転職を考えなくても済むように、慎重に転職先を探しましょう。

転職先を探すのに、今のお勤め先を辞めてから探す方が良いのか、それとも在職中に探した方が良いのかについては、それぞれメリット、デメリットがありますが、あなたが引く手あまたの、優れた技術や特技を持った人で無い限り、在職中に転職先を見つけてから退職願を出した方がベターだと思います。

退職してから職探しをする場合は、確かに時間的には十分な余裕がありますが、その反面収入が無くなりますので、時間が経つと共に生活が苦しくなる可能性があります。

「退職しても失業保険があるから」と考えるかも知れませんが、失業保険は自己都合で退職した場合、3か月の「待機期間」というものがありますので、失業保険を貰えるのは4か月先になります。

今のお勤め先を辞めた時に、退職金を沢山貰えれば良いのですが、勤続年数の短い若い人の場合は、退職金は雀の涙というのが普通です。失業中の生活費は貯金が沢山あるとか、親のスネをかじれる人は、それでも良いのかも知れませんが、普通の人はそれも厳しいのではないでしょうか。

それに、失業期間が長くなればなるほど、再就職の条件が悪くなりますので、やはり在職中に今のお勤め先には悪いのですが、ちゃっかり転職先を見つけて、その後で退職願を出すようにした方が無難ですね。

転職サイトを利用する

あなたが退職を決意したら、転職サイトは必ず利用してみてください。

あなたがパソコンをお持ちならば、転職サイトの利用は実に簡単で、ネットの検索サイトを利用して「転職サイト」とキーワードを打ち込んで検索すれば、びっくりするぐらい沢山の転職サイトがヒットします。

パソコンがあればどこからでも検索できますから、外回りの多い人などの場合はマンガ喫茶のパソコンからでもアクセスできます(決してお勧めはしませんが)。

転職サイトでは多くの求人情報を得られるだけではなく、無料でベテランカウンセラーに転職の相談ができますので、特にあなたが過去に転職の経験が無く、いろいろと分からない事がある様な場合はあなたの力強いアドバイザーになってもらえます。

多くの転職サイトではまずネットから指定のフォームで申込をした後、あなたの都合の良い日を選んでカウンセラーと面談する様になっていますので、現在お勤め中の人の場合も現在のお仕事に差し支える事はありません。

転職サイトでは履歴書や職務経歴書の書き方、面接の注意など、転職の基本的な事も教えていて、あなたの転職が成功する様丁寧なサポートをしています。

「子供じゃないんだから履歴書や職務経歴書ぐらい」と思うかもしれませんが、ただ履歴書や職務経歴書を書くというのと「読んでもらえる」履歴書や職務経歴書を書くというのは全く別ですよ。

タダより安いものは無いのですからあなたが退職をしたなら、転職サイトはぜひ利用してハッピーな転職をしてください。

まず転職サイトに登録しよう

転職を決意した時は、まず在職中から転職サイトに登録をしておきましょう。

求人情報は「求人情報誌」「新聞広告」「ハローワーク」や「転職フェア」などの催しでも、集めることができますが、これらの媒体で集められる求人情報は、一般的に1~2か月以内に入社できる人を対象にしています。

従って、もしあなたが何かの事情で、1~2か月以内に今のお勤め先を、円満退職することが困難な場合は、せっかく良い転職先があっても、実際の就職は難しくなります。

その点転職サイトの求人情報は、バラエティに富んでいます。あなたが転職サイトのホームページを見ればすぐに分かると思いますが、転職サイトに登録する人は、何もいますぐに転職先を探している人ばかりでは無く、中には「6か月以上先なら転職が可能」という人でも登録しています。

ですから、あなたが転職を決意した時には、後日決意が変わって転職を思いとどまることになっても構いませんから、まずは転職サイトに登録だけを済ませて、カウンセラーとゆっくり相談しながら、転職先を探すようにした方が余裕を持った転職活動ができます。

転職サイトは、このように様々なケースの転職希望者に広く門戸を開いていますので、あなたが「これが最後の退職願い!」と考えたときは、まずは転職サイトへの登録をすぐにしてください。

今の仕事は手抜きしない

あなたが退職をして順調に転職計画が進み、今のお勤め先よりも給料も多くやり甲斐もありそうな転職先から内定をもらったとします。

そうなると何となく今のお勤め先での仕事には、今までほど力が入らなくなるかも知れません。これはよほどのプロサラリーマンで無い限り仕方が無い感情かも知れません。

しかし既に希望する転職先から内定をもらっていても、今の会社のお仕事は実際に退職するその日まで、絶対に手抜きをせず今まで以上にきちんとする様にしましょう。

「発つ鳥後を濁さず」のことわざもあります。後を濁しっぱなしなどという事は決して無い様に気を付けてください。これは今のお勤め先を円満退社する為にはとても大事な事です。

多くの転職先はあなたが今までのお勤め先を円満退社してくれる事を希望しており、辞めるに当たってごたごたを引き起こす事をとても嫌いますので、変な辞め方をした事が分かると最悪の場合内定を取り消される場合があります。

また、世の中は狭いので今のお勤め先の誰かと、あなたの転職先の社員の誰かが友人同士などという事もあり得ますので、変な辞め方をするとあなたの新しい職場での評価が下がります。

ですから、退職をしても、現在のお勤め先での仕事は絶対に手を抜かずに最後までやり遂げて、笑って今のお勤め先を円満退社する様にしましょう。

おすすめアルバイト情報

転職が決まるまでの間に時間があるならアルバイトをしましょう。今おすすめナノはウーバーイーツ。

ウーバーイーツなら運動不足解消にもなり、お金も稼げるのでおすすめです。ウーバーイーツバイト最新まとめ!即日現金収入も可?!対応地域や登録方法は?登録ページはこちらから!